ご利用について

福祉用具・住宅改修が必要な場合はまずはご相談ください。介護保険を利用するための申請手続き等から援助させていただきます。
サービスを利用するためには居宅介護支援事業所及び介護支援専門相談員(ケアマネージャー)を決めていただくのが最も迅速に話が進みます。特に指定がなければ弊社からご紹介させていただきます。
病院に入院中でこれから自宅での生活を考えている方は病院に医療相談室等があればそちらで対応してもらうことができます。
居宅支援事業所が決まりましたら介護に関する悩みや相談をしてください。
サービス事業所は自分で決めることができます。

ご利用者の状況確認


本人様又はご家族、介護支援相談員、関係者、医療機関担当者と御身体の状態や自宅の環境についての確認を行います。

サービスの必要性の検討

必要性がある場合は福祉用具、住宅改修等介護保険サービスで何ができるかを説明し具体的な提案を行います。

サービスの提案

弊社の福祉用具専門相談員・福祉住環境コーディネーターが関係者と連携しながら介護予防、自立支援・介護者の負担軽減に最適な提案をします。

福祉用具のお届け


入院中の方は病院へ、在宅の方は自宅へ日時を相談の上、福祉用具のデモ機をお持ちします。環境等も踏まえ最適な用具をまずお試ししていただきます。この時用具の利用方法、注意点等をお伝えます。

サービスの再検討

約1週間経過後、訪問若しくは電話連絡にて状況を聴取し問題なければ福祉用具貸与サービスの開始となります。もし適切でない場合は再度別の用具を提案します。
サービス担当者会議で各事業所と話し合いを行い生活全般を事業者すべてが把握できるようし、その後も連携をとっていきます。

アフターサービス


ご利用中の福祉用具が適切であるか、又故障や不備がないかの確認にお伺いさせていただきます。問題があるようなら関係者と協議の上、用具の交換、追加、引き上げ等を行います。

ご解約・引き取り

用具の必要がなくなった場合はご連絡ください。連絡をいただいた日が解約日となります。引き上げ日時は相談させていただきます。