会社概要


弊社は福祉用具専門相談員4名で業務を行っています。
うち1名は本社併設の展示場での対応をしています。
とても小さい会社ですがその分物事の決定が早い、柔軟な対応ができるなどのメリットがあります。

利用者宅への訪問は3名で行っています。
全員福祉住環境コーディネーター2級の資格を有し福祉用具だけではなく改修工事も含めた総合的な対応ができます。又、経験年数も3年~19年のキャリアがありさまざまな難問と向き合ってきました。
過去の職歴は施設介護関連、住宅関連、福祉用具、医療機器関連と現職に関係の深い業界に携わっています。
毎日ミニ会議を開き利用者様の快適な住環境に貢献できるよう話し合いをしています。
約500名の方に貸与をさせていただき、年間約100件の改修工事をしています。

根拠のない低価格での貸与、販売は控えお客様に納得していただけるようなサービスを提供した上で、適正な価格で会社が存続、発展できるように努めています。
全社員が安定した生活を過ごすことができれば、利用者様へのサービスが向上すると考えています。
この仕事は介護保険制度という国が運営する事業であるため、一般的な営業スタイルでは無理強いしてしまう危険性があります。
弊社ではお客様から借りたい、買いたいという言葉をいただかない限りは貸与、販売はしません。
状況を見極め適切である場合のみ全力で対応します。たまに「商売っ気がない」と指摘されることもあります。
営利目的の前に適切なサービスの提供が前提となります。
そのためにもお客様にお会いするうえで恥ずかしくない人間形成が必要だと考えています。

年間を通してすぐにベッドを搬入してほしい、逆に亡くなられた方の場合は即引き揚げてほしいという連絡もあります。
私たちは小さい会社ならではのチームワークで、このような場合も対応できるように蜜に連携を取っています。


白山市に本社を置いているのには理由があります。
弊社を開設するに当たり金沢市や小松市に本社を置く企業は多数ありましたが、白山市に拠点を置く企業は少数でした。
そこでせっかく起業するなら地元に貢献できる企業を目指そうと考え現在に到ります。
開設後、御縁があり金沢市、能美市方面にも営業エリアを拡大しています。
遠いと思われるかもしれませんが、最近は交通網も発展しているため本社から30分圏内で行ける場所が増えました。
能美市、金沢市方面の方からは「えらい遠くから来たね?」と声をかけられることがあります。
しかし30~40分で到着できること、そもそも金沢市、能美市に多数のお客様がいることで理解していただいています。
弊社は高速道路の徳光インターまで10分の距離のため金沢西、東、森本インターを利用して素早い対応ができるようにしています。
又、山環状線、海環状線へもすぐに行けるため1時間以上かかる地域はほとんどありません。

貸与品に関しても同業他社に負けない品ぞろえをしています。入浴用品等のお試し品も展示場をもっているので充実しています。
福祉用具は試さないと役に立つかわからないためお試しは積極的に進めています。手間を惜しまず納得の上で契約させていただいております。

今後は益々サービスの充実を拡大し利用者様への高付加価値サービスを提供したいと考えています。